プリント基板の主たる分類、種類、

プリント基板の主たる分類、種類、

プリント基板とは、一言でいと電子部品を搭載する板のことです。 電子部品を電子回路として機能させる様に個々の部品を配置し、電気的に接続(配線)して電子機器のハードウェアを構成する重要な部品のことです。 パソコン等をバラシテ、っ張り出してみると無数の大小の電子部品が一枚の板の上にびっしりと詰まっていて、裏側は平坦ながら半田などで細かく繋がれているのが判ります。 
昨今の電子機器の小型化、軽量化、組み立ての自動化、品質の向上の為に使用されています。 そして、分類、種類、材質とも当初よりはかなりの進歩で変化しているのが判ります。
分類上でいうならば、堅い基板のリジット基板、やわらかい柔軟性のある基板はフレキ基板等に大別されます。 又、種類においては片面のみの基板、両面利用される基板、そして貫通型の多層式基板、又、IVH構造の多層基板、ビルドアップ基板などが挙げられるでしょう。 
更に、材質的にはFR-4と呼ばれるガラスエポキシ樹脂、CEM3といわれるガラスコンポジット樹脂、それに紙フェノ-ルなどに分類できるでしょう。
又、プリント基板でも、プリント配線板(PWB)のことをプリント配線を形成した板の事を言い、プリント回路板(PCB)は本来のプリント基板のことを言って、プリント配線板に各種精密部品を既に搭載したものをいいます。

現代社会を支える種々のプリント基板

プリント基板は、電子部品 (コンデンサやトランジスタなど) を配置するための板、もしくは板とその上に配置された部品の全体を指します。現代社会を支える、コンピューターやスマホなどの情報機器の基盤となる部品です。

プリント基板の素材には当然のことながら、絶縁性が求められます (そうでなければ短絡してしまいます)。そのため、素材としては樹脂などが用いられます。たとえば、紙にフェノール樹脂を浸潤させた紙フェノール基板などが有名です。

構造の面から見るとプリント基板は、電子部品の実装可能な面が1面だけの片面基板、裏表の2面に実装可能な両面基板、基板を複数重ね複数面 (通常4~8層) に実装できる多層基板に分けられます。電子機器を小型化するには電子部品を高密度で配線する必要があり、多層基板が必要となります。

この他にも特殊な機能を付加したプリント基板があります。たとえば、柔軟性を持たせたフレキシブル基板などです。こうした種々のプリント基板は各々の特性を活かし、私たちの身の周りにある電子機器の中で活躍しています。

ウユニ塩湖の作り出す感動と凄さ

ウユニ塩湖ツアー、ウユニ塩湖旅行はユーラシア旅行社で
人生で一度は行ってみたい場所と言われたら今なら間違いなしにウユニ塩湖と答える私ですがウユニ塩湖とは何ぞやと思われる方も多いのではないかと思います。ウユニ塩湖とは見渡す限り広がる白銀の大地で最近では旅行に行かれる方も増えているようです。そしてこのウユニ塩湖はボリビア西部の都市ウユニから車で一時間ほどの位置に存在していて元は塩湖ともあるので塩が良く取れる土地なんです。最近では飛行機ので移動が可能となっているようで、さらに近くなっているのではないでしょうか。11月頃から3月に掛けて雨季が発生して地面に50センチほどの水が溜まり鏡のように空の景色を映し出すことで有名ですが実際にその場に立ってみたらきっと頭が混乱して倒れてしまうんじゃないだろうかと思ってしまいますが、とにかく神秘的で魅力的な風景を醸し出し見る人の目の目を奪い感動すること間違い無しの景色です。海外旅行に行くのならウユニ塩湖は一度は行ってみたい場所です。

自然界の奇跡は本当に素晴らしいです

ボリビアの塩の湖であるウユニ塩湖ですが、行った事のある人に感想を聞いたところ、この世ではないみたいに綺麗と言っていました。私も動画サイトやテレビで観た事がありますが、あまりにも美しくて吃驚しました。
特に有名なのが、雨季に見る事のできる天空の鏡と呼ばれる現象ではないでしょうか。とても幻想的で圧倒されると思います。雨季以外には延々と続くひび割れた塩の大地が見られます。こちらも真っ白で綺麗だと思います。日没の風景や星空も大変綺麗なので、一度見ておいて損はないと思います。うっとりする程美しい絶景の数々は、そのまま切り取って部屋に飾りたい程だと思うのです。塩が沢山ありますので、塩の収穫も行われています。
現地には塩でできたホテルもあるので、一度泊まってみたいですね。壁は勿論の事、イスやテーブルも塩でできているのがすごいと思います。日本からは遠いところにあるウユニ塩湖ですが、一度行ってその奇跡を味わってみるのも良いのではないでしょうか。

着物が自分で着られるようになるといいですよね

以前、知り合いの方で、着物が趣味でイベントや行事の時は自分で着物を着て出かけています、という方がいました。
確かに着物姿はとても素敵でした。

毎年、お正月になると初詣に着物を着ている女性をみると、羨ましく思うこともあります。
着物は日本の伝統的な文化の象徴です。

私は過去に着物を着たことは数えるほどしかなく、当然着つけも全くの素人です。
着物を着る時はいつも専門の着つけの方にお願いしています。
自分で着物が着られるようになれば、もっとおしゃれの幅も広がると思います。
特に年配の女性の着物姿はしゃきっとしていてとても品があり、あこがれます。
私もそのように歳を取りたいと思っています。

自分で着物が着られるようになれば、いろいろなイベントに着物を着て出かけられるので、楽しみも増えると思います。
やはり、人生を彩るものとして着るものは重要です。
私もだんだんと歳を重ねてきていますので、着付け教室で着付けを習ってみたいと思います。

神秘的な白の世界 ウユニ塩湖

ボリビアの西に位置する「ウユニ」。
ボリビアの首都ラパスからおよそ550kmのところにあります。
ウユニ塩湖は見渡す限りの白の世界、塩の大地です。
雨季になると数十cmの水が溜まることで、
太陽が地面に反射してまるで鏡のようになり、
天と地が同じ景色を映し出します。
足元にも真っ青な空と雲の中の世界が広がり、
天空に誘われるような感覚を覚えます。
まさに神秘的な「天空の鏡」です。
乾季になると、今度は水が干上がり塩の結晶が現れます。
格子状になった少し荒々しい様子は雨季とは違った景色が広がり、
見る人を感動させます。

ウユニ塩湖は、アンデス山脈を遥かに仰ぎ、
四国のおよそ半分、11,000㎡の広さをもちます。
標高は富士山と同レベルの3,600mで酸素はかなり薄く、
日中は30℃、朝晩は-25℃と寒暖差は激しくなっております。

ウユニ塩湖は地球の裏側にあり、
たどり着くまでの道のりも大変です。
空気も薄く環境も厳しい所です。
しかしそこには、行った人にしか味わえない自然が織りなす
素晴らしい幻想的な世界が待っていて、行った人をやさしく包み込むのです。

初心者の方向け!着付け教室に通おう

去年から着付け教室に通っていました。
ずっと着物を着たいと思っていましたが、敷居が高いイメージでずっと躊躇していました。このままではずっと自分で着れない!と思い、近所に文化教室があるのを知り勇気を出して通い始めました。
まず、先生には着物が初心者であることを告げ、必要なものなどを教えてもらいました。と言っても、着付け小物の名前すらぴんとこない私。
母の持っていた着付け小物をお借りして、どれがすぐ必要なのか、ひとつひとつ教えてもらいました。
先生はとても親切で、もっと早く来ればよかったなぁ、と思っています。
目標は、お太鼓結びが自分で出来るようになることです。
まず、下着、長襦袢の着方を丁寧に教えてもらいます。
見えない部分ですが、着終わったときに中が綺麗に着れていないとひびくのでしっかり皺のないように、ということがポイントでした。
お太鼓結びまで自分ひとりで結べたときはまさに感動ものです。
最初はぎこちなく、時間もかかりましたしたが、何度も練習するうちに、驚くほど綺麗に早く着れるようになります。
私は帯結びは着付け教室の先生のおすすめで「改良枕(教材枕)」を使っていますが、これも大変便利なものでした。

着付け教室に通うメリットについて

着付けというのは日本が古来よりある文化でありますが、それだけに着付けはとても難しいものです。
中には独学で出来るようになったなんて声もありますが、やはり一般的には着付け教室に通い見に付けるのが時間も手間も大幅に短縮できると思います。
着付け教室なら基礎的なことからみっちりと学べると思うので、得られることは本当に多いはずです。
そんな着付け教室を探すとしたらどういったポイントを基準に選んで良いのか難しいと思います。
身近にある習い事とは違い着付け教室になるとどうしても周りの声なども入りにくく自力で探さなくてはなりません。
地域差によるものもあり、着付け教室が数多く場所もありますし逆もあります。
CM等で見かけるような大手の着付け教室なら比較的数も多く探しやすいと思います。
そこまで本格的ではなくても自分一人で着物を着られるようなる程度の基礎知識を学びたいと思ったら、地元の公民館等で無料や格安で行っている場合も多いです。
自分がどの程度学びたいのかによっても着付け教室選びは重要になってきます。
いずれにしても、着付け教室に通うことで将来的にも役立つ機会があるとは思うので着付け教室に通うメリットはとても大きいです。
様々なコースがある着付け教室で有名な学院